2010年05月01日

スルーザグリーン / 打つ方向


スルーザグリーンでのショットでは、

1.もち球、フェード・ドロー、または、スライス・フックの球筋(弾道)
2.打つ方向

は重要です。

スルーザグリーンショットでの打ち方として、フェード・ドロー、または、スライス・フックの球筋(弾道)を考慮して、

1.打つ方向を決める
2.打つ方向に対して、自然アドレスを取る
3.打つ方向を見ない
4.ゴルフボールを見る
5.一定のリズム・スイングで、フルショットする
6.ヘッドアップしない

を、推奨しています。

重要なポイントは、「ヘッドアップしない!」に続き、「打つ方向を見ない!」です。

各自のゴルフ技術レベルにて、現在のもち球、フェード・ドロー、スライス・フックの球筋(弾道)には、違いがあります。
すばらしい、フェード・ドローを体得しておられる、読者の方もおられると、思います。

その方たちには、「打つ方向を見ない!」は、あまり、関係しないかもしれません。
しかし、「打つ方向を見る!」必要も、ありません。

ゴルフ技術レベルで、スライス・フックの球筋(弾道)を、お持ちのゴルフプレーヤーには、逆に、必須です。

フェアウェーが非常に狭く、両側OB、グリーンがホールの左側に位置する、ミドルホールを、想像下さい。

セカンド地点が、フェアウェーの左側で、グリーン方向に向けて、第2打を打つためには、

1.打つ方向を決める

で、もち球がスライスの場合、左側のOBライン方向へ、方向を決めることになります。
これは、勇気のいる決断であり、ご自分のもち球、スライス・フックの球筋(弾道)にも、自信が必要です。

2.打つ方向に対して、自然アドレスを取る
3.打つ方向を見ない
4.ゴルフボールを見る
5.一定のリズム・スイングで、フルショットする

と続きますが、「打つ方向を見ない!」を守らずに、「打つ方向を見てしまう!」と、精神的なプレッシャーが乗っかります。
OBラインへ向けての、スイングです。
必ず、いつもどおりのスイングが、出来ません。

結果として、ミスショットです。
OB、チョロ、引っ掛け等々、残念ながら、ご自分のもち球、スライス・フックが打てません。

これは、技術トラブルではなく、精神トラブルによる、ミスショットです。

重要なポイントは、精神的なトラブルは、意識することにより、未然に防げます。
その為の、

3.打つ方向を見ない

です。

また、

1.打つ方向を決める

で、必ずしも、グリーン方向に向けて、打つ必要はありません。
フェアウェーセンタに向けて、打つのも、一つの方法です。
技術レベルによりますが、そのほうが、怪我が少ないかもしれません。

念のため!!
posted by ジャック at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スルーザグリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

スルーザグリーン


スルーザグリーンで繰り出されるショットは、「ゴルフコースでのショットの種類」、でも紹介しています。

繰り出されるショットへの、視点を変えて、

視点を、ショットの場所に置けば、

1.フェアウェーショット
2.ラフからのショット
3.ハザード(バンカー)からのショット

視点を、ショット地点の起伏に置けば、

1.平らなところでのショット
2.前上がりショット
3.前下がりショット
4.つま先上がり斜面ショット
5.つま先下がり斜面ショット

視点を、使用するクラブに置けば、

1.ウッドショット
2.アイアンショット

等々、多種多様です。

しかし、「パター編」、「アプローチ編」と記載させて頂きました、「ゴルフ練習とゴルフスコアの壁」ブログを、お読みいただいている読者の皆様には、もう、お分かりと思います。

スルーザグリーン編は、非常に、シンプルです。

スルーザグリーンでのショットは、難しくありません。
言い換えて、難しく考える、思考するのは、やめましょう。

考えることは、一つです。

1.前にゴルフボールが、飛べば良い!

これのみです。

「ゴルフは、ミスショットのリカバリーゲームである!」

を、主張しています。

従い、スルーザグリーンでは、退屈な反復・継続練習により、体得したもち球、フェード・ドロー、または、スライス・フックの球筋(弾道)を考慮して、

1.打つ方向を決める
2.打つ方向に対して、自然アドレスを取る
3.打つ方向を見ない
4.ゴルフボールを見る
5.一定のリズム・スイングで、フルショットする
6.ヘッドアップしない

です。

特に重要なのが、

1.もち球、フェード・ドロー、または、スライス・フックの球筋(弾道)
2.打つ方向

の2点です。

練習量、技術レベルにあわせて、ご自分のもち球、フェード・ドロー、スライス・フックの球筋(弾道)は、変化します。
従い、その時点での、もち球の球筋(弾道)を考慮して、打つ方向を決定する必要があります。

決して、グリーンに向かって、まっすぐ打つわけでないことを、ご理解下さい。

逆に言えば、一定の球筋(弾道)を持つ、フェード・ドロー、または、スライス・フックを打てるまで、退屈な反復・継続練習をすることは、必須となります。
しかし、完璧さを要求しているのでは、ありません。
技術レベルが、いつも大きくスライスするスイングレベルであれば、その大きくスライスする弾道にて、方向性を決めれば、良いのです。

反復・継続練習を続けることで、その大きくスライスするスイングは、小さくスライス、やがて、フェードへと変化していきます。
それまでは、練習の繰り返しと、その時点での、フェード・ドロー、または、スライス・フックの弾道にて、対処するしかありません。

ゴルフの基本は、退屈な反復・継続練習による、ご自分のもち球、フェード・ドロー、または、スライス・フックの体得です。
posted by ジャック at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スルーザグリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

|スポンサードリンク|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。