2010年05月05日

ゴルフコースホール難易度(2)/ コース戦略


ショートホールは、ゴルフコース18ホールの中で、最も難しいホールです。

その心は、

「ゴルフは、ミスショットのリカバリーゲームである!」

と、「ゴルフ練習とゴルフスコアの壁」ブログで、繰り返し主張している点に、あります。

具体的に、ショートホール、ミドルホール、ロングホールを例に、考えて見ましょう。

「ゴルフ100の壁を切る!」ゴルフでは、ボギーペースが、目標です。

「ゴルフスコアの数え方」に記載してありますが、ゴルフスコアの数え方は、引き算です、足し算ではありません。

確実に、各ホールをボギーであがるためには、グリーン上ツーパター(二打)、アプローチショット(一打)、合計三打は、最低必要です。

従い、ショートホール、ミドルホール、ロングホールを、ボギーであがる為には、

1.ショートホールの場合、残り1打で、グリーン周辺のアプローチショット圏内必須
2.ミドルホールの場合、残り2打で、グリーン周辺のアプローチショット圏内必須
3.ロングホールの場合、残り3打で、グリーン周辺のアプローチショット圏内必須

です。

残された距離に、ショートホール、ミドルホール、ロングホールで、当然、違いがあります。

しかし、「ゴルフ100の壁を切る!」を目指して、日々、練習・努力されている、一般ゴルファーの皆様の技術レベルを、自分がそうであった時代(今でも、ゴルフプレーの目標は、常時1
00切りですが!)の技術レベルを例に考えれば、

1.残り1打で、グリーン周辺のアプローチショット圏内への確立小
2.残り2打で、グリーン周辺のアプローチショット圏内への確立中
3.残り3打で、グリーン周辺のアプローチショット圏内への確立大

と想定するのが、自然では無いでしょうか?

ここに、私が、ゴルフコースホール難易度順序を、

1.ショートホール
2.ミドルホール
3.ロングホール

とする、ポイントがあります。

当然、各自の技術レベルの違いにより、差があります。

しかし、「ゴルフ100の壁を切る!」を目標中のゴルファーには、当てはまると、私は考えております。
昔の自分も、そうでありました。

また、そう考えることにより、ゴルフを簡単・シンプルにしていますし、ミスショットダメージを小さく出来ていると、思います。

物理的・論理的には、上記3つは、全て、同じです。

しかし、ゴルフは、精神的な心の持ちようが、プレーに大きく影響します。

ゴルフホールの難易度として、

1.ショートホール
2.ミドルホール
3.ロングホール

の順番で思考することを、おすすめします。
posted by ジャック at 08:40| Comment(1) | TrackBack(0) | コースマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

ホール情報の重要性 / キャディー


一般論として、普通のゴルフプレーヤーは、各ホールのホール情報には、たけておりません。

各ゴルフ場(ゴルフコース)のインターネットホームページには、各ホールの特徴、ホールレイアウト、距離、ハンディキャップ等々、掲載しているゴルフ場(ゴルフコース)もあります。

しかし、ゴルフラウンドプレー前に、それらホール情報を、頭に記憶して、プレーされる方は、少ないと思われます。

私も、インターネットにて閲覧する場合もありますが、「ふーん、こんなコースなんだ!」程度で、記憶に留めるまでは、いきません。

また、結構、初めてのゴルフ場(ゴルフコース)でのプレーの場合も、多々あると思います。

しかし、「ゴルフ100の壁を切る!」ゴルフの目標である、ボギーペースゴルフには、以下情報が、極めて重要です。

1.右、左のOBゾーンの有無
2.フェアウェー傾斜
3.フェアウェーバンカーまでの距離
4.池までの距離
5.グリーンエッジまでの距離
6.グリーン周辺ガードバンカーの有無
7.グリーン上のピン位置

等々、ショートホール、ミドルホール、ロングホール、いずれのホールでも大切です。

例として、「スルーザグリーン」で記載した方法により、セカンド地点からのサードショットが、非常に良いインパクトのナイスショット(グッドショット)であったとします。

ところが、サードショット落下地点のフェアウェーが、左に大きく傾斜していて、その先に池(ウオーターハザード)が、あったとします。

しかも、セカンドショット地点からは、サードショット落下想定地点が、ブラインドで良く見えず、グリーン方向を想定して、、「スルーザグリーン」で記載した方法で、打ってしまった。

この場合、残念ですが、グッドインパクトのベストショットにもかかわらず、池ポチャです。

非常に、精神的に良くありません。
後続プレーへの影響甚大です。

大きな原因の一つに、ホール情報の欠如があります。

十分にコース、ホールレイアウト情報を入手していれば、おのずと、サードショット落下想定地点は、変わったでしょうし、
打つ方向も、変わったかもしれません。

事前に防げる、ナイス(グッド)ショットでの、結果最悪事例です。

各ホールのホール情報は、、「グリーン上のアドバイザー / キャディー」での記載同様、各ホールでのティーショットを打つ前に、キャディーさんに聞きましょう。

ティーグランドからの視覚認識と、キャディーさんからの、耳からの情報で、事例のミスは、防げます。

やはり、

「キャディーさんと仲良く、楽しく、ラウンドする!」

です。
posted by ジャック at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コースマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

ゴルフコースホール難易度(ホールハンディキャップ) / コース戦略


「ゴルフ練習とゴルフスコアの壁」ブログでは、ゴルフプレーに関して、基本・基礎と考えられる、

1.ゴルフ練習
2.ゴルフスイング
3.コースマネジメント
4.パター
5.アプローチ
6.スルーザグリーン
7.ティーショット

をキーワードに、「ゴルフ100の壁を切る!」を目標とした、管理人の経験に基づく、ゴルフ理論(大げさ!)を、記載させて頂いております。

掲載第1回目から、約1ヶ月経過し、不足する部分も多々ありますが、管理人が思考する、ゴルフプレーの基本・基礎は、読者の皆様に伝達出来たかなと、思っております。

本日からは、今までに記載しました基本・基礎を、コースラウンドで展開する応用編について、基礎編同様に、記載していくつもりでおります。

第1回目の本日は、ゴルフコース18ホールの難易度についてです。

ゴルフコースには、各ホールごとに、難易度(ハンディキャップ)をつけています。

普通は、18ホール、パープレー72ですので、各ホールに対して、難易度(ハンディキャップ)を、1から18の数値で表示してあります。

数値の小さいホールほど、コース難易度が高いわけです。
ハンディキャップ1のホールは、そのゴルフコースで、最も技術的に難しいホールとなります。

しかし、「ゴルフ100の壁を切る!」ゴルフでは、ホールハンディキャップは、無視、または、参考程度で十分です。

逆に、各ホールの難易度は、

1.ショートホール
2.ミドルホール
3.ロングホール

の順番で、三つのグレード、「難しい」、「普通」、「簡単」、とシンプルに考えましょう。

実際の難易度とは、当然ですが、異なります。

しかし、「ゴルフ100の壁を切る!」ゴルフの思考では、

1.ショートホール → 難しい
2.ミドルホール  → 普通
3.ロングホール  → 簡単

と考えてください。

心は、「ゴルフ練習とゴルフスコアの壁」ブログで、繰り返し主張している、

「ゴルフは、ミスショットのリカバリーゲームである!」

にあります。

「ゴルフ100の壁を切る!」ゴルフでは、ボギーペースゴルフ(ハーフ49以下)が、目標です。
ボギーペース維持には、各人での技術レベルにより、差はありますが、リカバリーショットを打てる機会・回数の多いホールほど、ボギーに近いスコアであがる確立は、高くなります。

従い、標準打数(パー)の多いホールほど、簡単と考えられる、簡単と考えることが、重要となります。
posted by ジャック at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コースマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

ティーショット


ティーショットの打ち方は、スルーザグリーンショットでの打ち方と、まったく、同じです。

ご自分のもち球、フェード・ドロー、または、スライス・フックの球筋(弾道)を考慮して、

1.打つ方向を決める
2.打つ方向に対して、自然アドレスを取る
3.打つ方向を見ない
4.ゴルフボールを見る
5.一定のリズム・スイングで、フルショットする
6.ヘッドアップしない

です。

しかし、ティーショットとスルーザグリーンショットには、大きな違いが、あります。

1.打つ場所が、平坦
2.ゴルフボールを、ティーアップ出来る

この違いは、ティーショットを非常に、やさしくしています。

また、「ゴルフ練習とゴルフスコアの壁」ブログでは、その大きな違いから、ティーショットを、最も簡単なショットに、位置づけています。

練習場で繰り返し練習しているスイングを、練習場と同じ状況下(平坦・ティーアップ)で、再現するのみです。

スルーザグリーンと違って、

1.前上がり
2.前下がり
3.つま先上がり
4.つま先下がり

は、ありません。

常に、平坦・ティーアップです。

しかし、それでも、なかなか、ナイス(グッド)ティショットを、打てないのは、なぜでしょうか?

その大きな原因の一つに、

1.一緒にラウンドする、他プレーヤーの視線

があります。

ゴルフも、プレーヤーの精神・心理状態が、大きく影響するスポーツの一つです。

特に、スタートホールのティーショットの場合は、

1.一緒にラウンドする、他プレーヤーの視線

に加え、

2.ラウンド最初の一打

でもあり、ますます、精神・心理面で、動揺しがちになります。

これは、残念ながら、「ゴルフ100の壁を切る!」為には、避けて通れない、苦難の道です。

これを克服する、最も有効な方法を、ご紹介します。

ゴルフコンペへの参加

です。

ゴルフコンペでは、

1.一緒にラウンドする、他プレーヤーの視線

が、半端な数ではありません。

ましてや、コンペ第1組に入った場合は、参加者全員の視線が、集まります。

このプレッシャー・緊張感の中で、ラウンド最初の、ティーショットを打つ経験を、数多く踏んでいくのが、克服への近道です。

しかし、幾多の経験を積んでも、プレッシャー・緊張感がゼロになる訳では、ありません。
ご理解下さい。

プレッシャー・緊張感の中で、プレーするのも、ゴルフの面白さ、楽しさの一つですので!!
posted by ジャック at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ティーショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

スルーザグリーン / 打つ方向


スルーザグリーンでのショットでは、

1.もち球、フェード・ドロー、または、スライス・フックの球筋(弾道)
2.打つ方向

は重要です。

スルーザグリーンショットでの打ち方として、フェード・ドロー、または、スライス・フックの球筋(弾道)を考慮して、

1.打つ方向を決める
2.打つ方向に対して、自然アドレスを取る
3.打つ方向を見ない
4.ゴルフボールを見る
5.一定のリズム・スイングで、フルショットする
6.ヘッドアップしない

を、推奨しています。

重要なポイントは、「ヘッドアップしない!」に続き、「打つ方向を見ない!」です。

各自のゴルフ技術レベルにて、現在のもち球、フェード・ドロー、スライス・フックの球筋(弾道)には、違いがあります。
すばらしい、フェード・ドローを体得しておられる、読者の方もおられると、思います。

その方たちには、「打つ方向を見ない!」は、あまり、関係しないかもしれません。
しかし、「打つ方向を見る!」必要も、ありません。

ゴルフ技術レベルで、スライス・フックの球筋(弾道)を、お持ちのゴルフプレーヤーには、逆に、必須です。

フェアウェーが非常に狭く、両側OB、グリーンがホールの左側に位置する、ミドルホールを、想像下さい。

セカンド地点が、フェアウェーの左側で、グリーン方向に向けて、第2打を打つためには、

1.打つ方向を決める

で、もち球がスライスの場合、左側のOBライン方向へ、方向を決めることになります。
これは、勇気のいる決断であり、ご自分のもち球、スライス・フックの球筋(弾道)にも、自信が必要です。

2.打つ方向に対して、自然アドレスを取る
3.打つ方向を見ない
4.ゴルフボールを見る
5.一定のリズム・スイングで、フルショットする

と続きますが、「打つ方向を見ない!」を守らずに、「打つ方向を見てしまう!」と、精神的なプレッシャーが乗っかります。
OBラインへ向けての、スイングです。
必ず、いつもどおりのスイングが、出来ません。

結果として、ミスショットです。
OB、チョロ、引っ掛け等々、残念ながら、ご自分のもち球、スライス・フックが打てません。

これは、技術トラブルではなく、精神トラブルによる、ミスショットです。

重要なポイントは、精神的なトラブルは、意識することにより、未然に防げます。
その為の、

3.打つ方向を見ない

です。

また、

1.打つ方向を決める

で、必ずしも、グリーン方向に向けて、打つ必要はありません。
フェアウェーセンタに向けて、打つのも、一つの方法です。
技術レベルによりますが、そのほうが、怪我が少ないかもしれません。

念のため!!
posted by ジャック at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スルーザグリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

|スポンサードリンク|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。